Google Website Translator Gadget

2009年12月15日火曜日

ロックフェラーのクリスマスツリー

年に2度,イタリアからのトレンドカラーのセミナー・MODA INがNYである。このセミナーは東京にも行くので、知っている人もいるかもしれない。
2年前はこのロックフェラーのビルで行なっていたが,今年はコロンバスサークルにあるホテルで行なわれた。9時から11時まででバイキングの朝食付き。この主催者のアンジェロと私の友達のサムが友達なので、この贅沢なセミナーにサムに紹介してもらって以来、5年前から招待状が来るので参加できる。どちらかというとアパレル向きのトレンドカラーのセミナーだが色の動向として私のデザインにもヒントはある。
コロンバスサークルはウエストの62丁目、38丁目にボタンを買いに行きたかった。26ブロックを歩こうと決めたのは、このツリーを見ようと思ったからである。トレンドカラーセミナーで彼らの作品をいつも写真に納めるのでカメラを持っていたし、ブログに載せようと思った。けれどそれならもっと別のアングルで撮るべきだったと反省しているのである。きっと,ボタンのことや息子のバスケットボールシューズのことやアートサブミッションのことなどを考えていて、どこから写真を撮ればもっといい写真になるとか考えていなかった。
これは裏側から見たツリー。人ごみを避けて歩いた結果がです。
こうして,私の頭の中はいろんなのことがランダムに混雑しているので、何かとこうした失敗が多い。ほぼ毎年,10年ほど、クリスマスイブは非常に親しい間柄の家族のところで過ごす。3年前、私の家はジョージワシントン橋のすぐそばなので,高速道路の”これがNYに入る前の最後の出口”を出なくてはならないのに、何を考えていたか?私は出損ねた。
息子に出口を見逃したから,橋を渡らなくちゃいけないわというと、じゃ,ロックフェラーのツリーを見に行こというので,それもいい案だなぁと48丁目に向かうことにした。
クリスマスイブにNY市内になんて行った事がないので、私達は嬉しかった。15分で着いてしまう近さである。ぐるっと回ってツリーの横を通れる道に入ることにした。勿論、混んでいてとろとろとツリーのところに来るのを待った。トロ,トロ,トロと動く車,時計は12時に近くになっていた。ツリーの周りはツーリストで賑わっていて、彼らは大晦日のビックアップルのカウントダウンのように、カウントダウンを始めていた。10,9,8,7,6,5,4,3,2,1,私達は12時ジャスト,ツリーを車から眺めていた。計算したって,あの偶然はあり得ないと思う。

頭の中が忙しくて、ミステイクも多いが、ミステイクがラッキーになることもある。

12月6日、初雪の中、クリスマスツリーをゲットして,しばらくガレージにおかれたままになっていたうちのツリーも三日前の日曜日にクリスマスツリーらしくなった。
去年は大雨の中、ゲットしたツリーがあまりにもパーフェクトなツリーだったため、捨てるのが惜しかったくらいだった。今年は雪で,またまた.悪い条件だったが、こうして飾ってみると,去年のより小さかったりするが,悪くないツリーである.満足。
私と息子はこうして、毎年,私達の思い出を2人で作っていく。

1 件のコメント:

林檎 さんのコメント...

私の家のクリスマスツリーとは
大違いな、キレイな
クリスマスツリーですね・・・
うらやましいです。
もうすぐでクリスマスですね。
お互いにいいクリスマスを過ごしましょう。

美咲